齊藤惇日本画美術館(愛称

房総半島大原漁港近く潮騒の聞こえる美術館です。父齊藤惇(あつし)の描いた日本画、祖父齊藤泰一(たいいち)が山口菜香亭で使った洋食器ピリヴィ、姉鈴木美絵子(みえこ)の描いた日本画、私齊藤泰嘉(やすよし)の研究している東京都美術館生みの親佐藤慶太郎翁や農漁村美人画などをご紹介します。2018年11月開館予定です。お越しの際は事前予約をお願いします。
齊藤泰嘉さいとうやすよし(館長、筑波大学名誉教授)
090-9203-9540 0470‐67‐4085 
hoshinoojisamabijyutsukan@ab.auone-net.jp

最新情報

2018.10.05
美術館は11月に開館します。お越しの際は事前予約をお願いします。11月は19日から27日までならどの日でも開いております。
2018.10.05
齊藤惇が初代会長をつとめていた千葉多摩美会。その皆様が11月23日に美術館を訪れてくださる予定です。お待ちしております。
2018.10.05
10月1日の講演会は台風一過の秋晴れに恵まれ、予定通り行うことができました。ご来場の皆様ありがとうございました。
2018.08.09
佐藤慶太郎顕彰会からのお知らせです。都民の日10月1日(月)午後2時から3時まで東京都美術館講堂にて「美のこころざし—石炭の神様・佐藤慶太郎と東京都美術館」と題した講演会があります。主催は東京都美術館、講師は齊藤泰嘉、開場は午後1時30分です。入場無料、予約不要、先着順です。「公私一如」の精神で美術館建設費100万円(現在の30数億円)を寄付した芸術支援の人、佐藤慶太郎翁の「美のこころざし」について考えます。皆さんと会場でお会いできるのを楽しみにしております。
2018.08.03
東京都美術館生みの親である佐藤慶太郎翁の生誕150年を記念し、10月1日(月)午後2時から3時まで上野公園東京都美術館講堂において「美のこころざし—石炭の神様・佐藤慶太郎と東京都美術館」と題した講演会があります。講師は齊藤泰嘉です。日本にも美術館がほしいという岡倉天心や横山大観ら日本の美術関係者の夢をかなえてくれたのが佐藤慶太郎です。講演会ではその生涯を追いながら、なぜ九州若松出身の石炭商が東京府に建設費100万円(現在の30数億円)をたった一人で寄付したのかについて皆さんと一緒に考えます。美のこころざしを遂げた爽やかな明治男の物語をお聞かせします。入場無料、先着順で午後1時30分開場です。皆様お出かけください。会場でお会いしましょう。
2018.08.02
7月に姉夫婦(鈴木広文、美絵子)と泰嘉で力を合わせて約10点の額縁交換作業をしました。
2018.07.09
6月30日に実家の千葉県四街道市から齊藤惇画伯日本画15点(春の院展出品作10点、秋の院展出品作5点)を東京の岡村美術運送店さんの美専車で大原ログハウスまで運んでいただきました。搬入には千葉多摩美会員で彫刻家の川越三郎氏に協力していただきました。目下、ログハウスに合わせて小型作品の額縁を白木に交換作業中です。
2018.06.05
6月26日に千葉県佐倉市民カレッジにおいて「房総ゆかりの作家—波の伊八と葛飾北斎」と題してレクチャーします。北斎は木更津上陸後どの街道を通って行元寺(いすみ市)に到着したのか、実際に木更津港を起点に現地を歩いた北斎ウォークを紹介します。行元寺には北斎の《神奈川沖浪裏》に影響を与えたといわれる伊八の欄間彫り物《波に宝珠》が あります。果たして北斎はこの彫り物を見たのかどうかを考えます。両者にはキュビスムに通じる東洋の動的遠近法(三遠法)の使用という共通点があります。また、北斎や伊八の作品はなぜ国宝にならないのかという素朴な疑問についても考えます。美術館では波の伊八の紹介もします。

齊藤泰嘉による講演会「美のこころざし—石炭の神様・佐藤慶太郎と東京都美術館」

日本画家齊藤惇を記念して In Memory of Atsushi SAITO

齊藤惇 さいとう・あつし Atsushi SAITO
1925   大正14 山口県山口市生。父親は料亭菜香亭3代目主人齊藤泰一。
1948 昭和23 多摩造形芸術専門学校(現多摩美術大学)日本画科を首席で卒業。
1958   昭和33 第43回院展に《泰山木》が初入選。以後、同展で入選入賞を重ねる。
以後、日本美術院特待、千葉県美術会常任理事、多摩美術大学校友会名誉理事となる。
1993 平成5  千葉県教育功労者表彰(芸術文化の部)。
2002 平成14  地域文化功労者文部科学大臣表彰。
2009 平成21 千葉県にて病没。

収蔵先 千葉県立美術館 佐倉市立美術館 天童市立美術館 足立美術館 松岡美術館 
城西国際大学 四街道市役所 佐倉市立志津図書館 聖隷佐倉市民病院 取手協同病院 成田日本赤十字病院 山口市民会館 山口県立山口高等学校 自然の泉研修センター 岐阜信用金庫 (順不同)

個展  山口市民クリエイティブ・スペース赤れんが(1994)佐倉市立美術館  (1998) 
ちばぎんアートギャラリー(2001)城西国際大学水田美術館(2004)

 

齊藤惇《泰山木》1958年 第43回院展
美術館そばの浜辺です。
美術館建物のログハウスです。
ログハウスそばの駐車場です。7台分あります。

日本美術院特待、千葉美術会常任理事、千葉多摩美会長であった日本画家齊藤惇の画業を紹介する美術館です。

A Museum Dedicated to Atsushi SAITO, Japanese -Style Painter, and His Family
右より齊藤幸子、齊藤惇、齊藤泰嘉、齊藤泰一、齊藤(鈴木)美絵子、千葉県佐倉市野狐台、1959
1階吹き抜け展示室
大原漁港裸祭り 2017
白浜海女祭り 2017